• ykkb623

春先にすいた紙にかいた

最終更新: 1月13日

紙は、真冬の厳寒のもと、手漉きされる。

たまたま出会ったこの和紙は、柔らかいタオルのようで、コシはないが

羽毛のような柔らかさとやさしさがあった。


職人にきくと、季節が春に移り変わる頃に漉かれたようで、

コウゾが腐ってしまったという。

このため、このようなやわらかい仕上がりとなったそうだ。


和紙としては規格外の品質となり、商品にはならないということで

ありがたく ゆずりうけることができた。


何か書いてみたかった。


「自然」と書いてみた。


#自然#書#和紙







12回の閲覧

最新記事

すべて表示

書とは字が上手な人のためのものなのか

確かに書道は、文字を書くことについて上達を極めていく道です。 今日こんな話をいただいた 「書って、字が上手な人のためのもののようで・・・ 私にとっては身近ではない」 書を習うことが 文字を上手に書くために研鑽する場だとしたら どんどん厳しくなり、 私には無理・・・と寄り付く人が少なくなってしまう その結果 書道具を使う人が少なくなって 文化が廃れてしまうとか 限られたアートの領域になってしまうとか

© 2023 by Sasha Blake. Proudly created with Wix.com