宝石がお好きですか?


*写真はイメージです



たまたま立ち寄った百貨店。


密閉した店内、

消費ががくんと冷え込んでいる今日に逆らうかのように

数十万〜数百万円の宝飾品の催事が出ていた。


買う気もなく、いま買えるわけもなく、立ち寄って接客を受けてみた。


店員「宝石がお好きなんですか?」


私「はい、綺麗ですよね」


店員「つけるともっと綺麗なんです」


私「笑」


店員「実はこちらはとても貴重な宝石でして、パライバトルマリンというのですが。

世界三大宝石といわれていて、

トルマリンの中でもこのネオン色の輝きはなかなかなくて。

私たちとしても 入荷したのは偶然というか。」


私「そうなんですね」


店員「宝石って、出会いというか、どなたも出会えるものではないと言われているんです。

特にこのような特別な石は、誰もが出会えるわけではないんですよ。」


私「そうなんですね」



店員「女性は宝石がお好きですよね。美しいものをつけて、さらに美しくなれますから。

もし何か必要でしたら、お声がけください」





この接客の絶妙、伝わりますか?

わたしは途中で、「お上手ですね」と喉まで上がってきたけど言いませんでした。


あとで調べて、世界○大宝石というのは諸説あるようです。

この石が世界三大宝石だか五大宝石だかの確度は、客にとってはあまり重要ではない。

そして、その宝石がどんな種類かということすらあまり関係ない。


「この商品がいかにすばらしいか」


ではなく


「この商品がいかに貴女にふさわしいか」


を口説かれたわけです。

いやな気持ちをする女性はいません。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



自社の商品を売りたいと思った時、

ストーリーや機能を力説するのもひとつですが


「この商品がいかにあなたにふさわしいか」



このような声がけは

わたしたちの心に”商品のすばらしさ”ではなく

”わたしのすばらしさ” または  ” 自己肯定感”

などの明るい印象を残します。


もし、いま必要でなかったとしても、

不急不要なものだったとしても。



必要な方に届きますように。













40回の閲覧

最新記事

すべて表示

美味しいと美しい

美味しいと美しいは似ている 誰かにとって美味しいものは 誰かにとって美味しくないかもしれない 誰かにとって美しいものは 他の人にとって美しくないかもしれない そういう何かと比較した、 相対的な 美味しさや美しさが あるなかで 絶対的な おいしさやうつくしさに気付かされる たとえば、炊きたてのごはん。 たぶん、相当機嫌が悪いか、体調が悪くない限り まずいという人が、思い浮かばない。 わたしたちを笑顔

年齢

1日は本当に24時間なのだろうか? もし1日が48時間だったら、 あなたは25歳かもしれないし、わたしは13歳かもしれない。 さまざまな適齢期 就職 結婚 出産 子育て 退職 童顔 老け顔 だれが決めたんだろう? 「若いから。」 「年だから。」 は、 自分にマイナスのレッテルを貼っていることに 気がつけば そう思わなくなる いつか死ぬから 寿命があるから そこから逆算した いまの年齢が さまざまな

© 2023 by Sasha Blake. Proudly created with Wix.com