書とは字が上手な人のためのものなのか

確かに書道は、文字を書くことについて上達を極めていく道です。


今日こんな話をいただいた


「書って、字が上手な人のためのもののようで・・・

 私にとっては身近ではない」


書を習うことが

文字を上手に書くために研鑽する場だとしたら

どんどん厳しくなり、

私には無理・・・と寄り付く人が少なくなってしまう


その結果 書道具を使う人が少なくなって

文化が廃れてしまうとか

限られたアートの領域になってしまうとか

それでよいのか?


お花も、お茶も、武道も型があってこそ

型破りがあり得るわけで

型にはまった美は必要なこと



でも文字を書くのが苦手だったとしても

いわゆる「上手」にはまっていなくても

筆を持つことが禁じられるわけでないのです


今から、自分なりの表現をしてもいいのだと思います

横並びの教育の中で、

そういうものが抑え込まれてきたから

自己表現は難しく感じるかもしれませんが


自分のままを出してみる人が増えることで

世の中がおおらかになるんじゃないでしょうか。


ふつふつとそんな思いに駆られて

自分を出すための書の教室を定期的に設けたいと考えています。





0回の閲覧

© 2023 by Sasha Blake. Proudly created with Wix.com