書のワークショップ



2020年1月25日、graf awa gallaryさんをお借りして

遅めの書き初めとして、こんな構成で行いました


1、最初に、筆の使い方練習

2、いくつか文字練習

3、テーマを決めて作品制作


短い時間にかなり詰め込んでしまいました・・・


1、筆の使い方


まっすぐ書くことの難しさを、あたためて体験しました。

手首だけ動かして書かない、体ごと移動させて、体全体で線を書きます。





普通に書いた次は、

わたしが好んで書いている「篆書(てんしょ)」の筆運びも、みんなで実践しました。

篆書は、「逆筆」といって、普段書く楷書などに比べて

始筆(紙に対して、始めに筆を入れるときの動き)が違います。





2、文字練習


「永」という文字は、

・縦画

・横画

・点画

・角折れ

・ハネ

・右はらい

・左はらい


といった、書の筆運びの多くが含まれている文字として、

よく練習に使われます。


ということで、みなさんで、「永」の字を書く練習をしました。


「永」を楷書で丁寧に練習したあとは、

わたしがおすすめした篆書で「永」を書いて、

そのあと各自、書き方にこだわらず自由に「永」を書いていただきました。





いいですねえ。


文字には意味があって形を成しているので、

大きくバランスを崩して読めなくなると、文字の機能を果たさないかもしれません。


ですが、一度大きく崩してみることで

こんなバランスのあり?、とか

やっぱり本来の形が美しいね、とか


そういうアイディやセンス、

感覚に疑問をもたないことが私は大切だと考えています。

そんな気づきを得ていただけたら、いいなと。



そこでわたしも書いてみました。

カメラマンの久保さんに、わたしの書きぶりも撮影していただきました。






あ、普通はこんな風に筆をもっちゃダメですよ。





こんなに筆の上の方を持つの?と聞かれました。


確かに筆の下の方を持ったほうが、筆が安定しますが

上の方をもつと、筆の動きが大きくなり、自然と目線も高くなる気がします。

慣れた方はチャレンジしてみてください。




43回の閲覧

最新記事

すべて表示

書とは字が上手な人のためのものなのか

確かに書道は、文字を書くことについて上達を極めていく道です。 今日こんな話をいただいた 「書って、字が上手な人のためのもののようで・・・ 私にとっては身近ではない」 書を習うことが 文字を上手に書くために研鑽する場だとしたら どんどん厳しくなり、 私には無理・・・と寄り付く人が少なくなってしまう その結果 書道具を使う人が少なくなって 文化が廃れてしまうとか 限られたアートの領域になってしまうとか

なぜ書くんだろう

文字を読み書きできることは 当たり前ではない人々もいる中で わたしたちが得た利器のひとつ。 あなたの文字は、 それだけで力があり、意味があり、 性格があらわになっていて、未来の希望です。 「稽古」という言葉が好きです。 稽古とは終わりのないもので 自分に学びを与えてくれる人がいること、 それを研鑽し合う仲間がいることは喜びです。 なぜ書をやっているのか よくわからないです。 小さい時はとにかく一番

© 2023 by Sasha Blake. Proudly created with Wix.com