© 2023 by Sasha Blake. Proudly created with Wix.com

蚕豆のマッシュ

June 3, 2018

蚕豆が旬だった。そらまめという言葉も好きだが、てんまめと呼ぶ人もいてなぜかこのほうが好意を感じる。天に向かって伸びやかに育つ姿に憧れを感じる。

 

ふさを開けると、胎盤と子どもをつなぐへその緒のようなものが、ふさと豆をつないでいる。しっかりした土台の内側に綿のようなふとんをが敷かれていて、命をいかに守っているかと思うと神秘。女性の体もこのようになっているかと感じずにはいられないのは、サガ。

 

育まれた子ども(豆)は お歯黒ができていた。胚芽の部分が黒くなっている。こうなると、旬もそろそろ終わり頃と、野菜の先生に聞いたことがある。

 

さて、せっかくなので茹でて浸し豆にしようと思った。

そこで豆だし、しっかり目に茹でようと思いきや、茹ですぎてしまった。あまりにもほろほろと崩れてきたので潰すことにした。

 

フムスのようにしてみよう。フムスはタヒニが入ってこそなので、フムスではないけれど。

 

ゆでて潰したてん豆に、少量のオリーブオイルと、塩。以上。

味は・・・ なんと美味しいことか、自分でも驚いてしまい、近くにあなたがいらっしゃれば味見して欲しかった。。

 

 

コク、奥ゆき。命の濃さ。そんな味だった。

 

旬のてん豆に出合ったら、ぜひ試して欲しい。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload