© 2023 by Sasha Blake. Proudly created with Wix.com

背中を押してくれた場所

May 19, 2018

友人のウエディングパーティ。ありがたく、焼き菓子をご用意することができました。

ここは横浜、黄金町。

わたしが、わたしたちが、「地域を盛り上げるためには食があれば、関係がやわらぐ」ということを身を以て感じた場所。

あれから、食べ物の力で地域活性化に携わりたいと天に志願したような。

 

喜怒哀楽も山も谷もあったけれど 10年経って、またここにたどり着いた。

目の前には 喜びの声、芳しい匂い、美しいお料理が確かにあるのに

それらがわたしの前で背景になっていき

なんだか笑いも涙もこえて 心が動かなくなった。

こんな体験は初めてだった。

 

ありがとう、ここはわたしの背中を最初に押してくれた場所でした。

 

食べ物を作る時。

自分の念や健康状態、食べ物にうつってしまう。

 

時間に追われれば 時間の味、

コストに追われれば コストの味になってしまう

 

それも仕方ないけれど

自由な時間をもらったからには

まず 自分を穏やかに自然なるようにしてから 

命と機会に感謝を込めて作りたいと思っています。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload